インプラント 失敗

インプラントは?
チタンなどの人口の歯の根を
直接骨に埋め込んで、
その上に歯を作るもの。

 

年々インプラント治療を受ける人も
増えている印象を受けますが、
中には残念ながら?

 

失敗例も存在します。

 

そこで、どんな失敗例があるのか?
ということを知っておきましょう。

 

 

インプラント治療の失敗例

 

インプラントが骨に固定(癒着)しない

 

これは、インプラント治療が
始まったばかりの頃に
見られた失敗例です。

 

最近は減っています。

 

周りの歯茎が腫れる

 

ネジが歯茎から出てしまう

 

被せ物が外れてしまう

 

被せ物がうまく噛めない

 

など、一言で失敗と言っても
いくつかのパターンがあります。

 

 

歯に関わることですから、
手術をしたのに失敗したとなってしまっては、
費用も余分にかかりますし
時間もかかります。

 

インプラント治療の失敗を防ぐためには、
費用や料金の安さを重視しすぎずに、
信頼できる医院で治療を受けることが
重要になってきますね。

 

インプラントに不安があるなら?
こういった本を読んでから
行動に移しても遅くありません。

インプラント治療30年 誤解だらけのインプラント治療

 

急いで決断しないという決断も
また、勇気がいることですからね。